FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

   

神宮神楽祭


↑舞女が舞う、迦陵頻(かりょうびん)という舞

神恩に感謝を捧げ、国民の幸福を祈願するために行われるという神宮神楽祭
あるというので、伊勢神宮へ行ってきました。
昭和二十年から春と秋の年二回だけ行われる行事なんだそうです。

内宮神苑特設舞台で公開される神楽に加え、普段は観ることのできない神宮茶室や
名家名流による能,狂言,献笛などの奉納も観ることができ、とっても雅な時間を過ご
してきました。

舞楽とか雅楽とか全然わからない私ですが、そのゆっくりとした舞を観、古の音を聞いて
いると、とこても緩やかな気分になりました。
こういった本当の日本文化に触れることも大事なんですね。

東海地方人気blogランキングへ←本当の日本文明のあり方を伝えるという神宮、ハマってます。「ポチ」

スポンサーリンク

   

コメント

非公開コメント

「雅」な時間・・・素敵ですねぇ。
奥が深そうでよくわかりませんが・・・確かに雅楽を聴くだけでも穏やかな気分になりますよね。
楽器や衣装などにも、意味があって・・・難しそう・・・。

Re:らぶはなさま

この神楽を観に行った時、廻りはご年配の方々ばかり。。。皆様真剣な面持ちで
鑑賞されている中、演目終了後、拍手をしそうになった私、思わず赤面でした。
雅楽を聞いて「結婚式みたい」って確かに思いました。無音の間にキョロキョロ
してました。(笑)
そんな私でも「凄い」と感じさせるオーラが舞台から出ていて雅な気分に浸れました。
たまにはこういった本物の日本に触れるのも大切ですね。

トラックバック

国民文化祭国民文化祭(こくみんぶんかさい)は、全国から集結し、演劇や吹奏楽などを発表する文化の祭典。国文祭と略され、「文化の国民体育大会|国体」といわれている。1977年から始まった全国高等学校総合文化祭に対抗し、一般の団体でも全国規模で参加する文化祭をしよ